見積書は明細が大切

ILive 田辺弘幸建築設計事務所

072-447-5330

〒596-0001 大阪府岸和田市磯上町6-12-11

[ 営業時間 ] 9:00~18:00 [ 定休日 ] 日・祝

ぺージタイトル画像

見積書は明細が大切

diary,プロジェクト,家づくりコラム

2024/04/17 見積書は明細が大切

psx_20240417_074210

みなさん、おはようございます。大阪、岸和田、南大阪、和歌山を拠点に『住まいに愛着を』をコンセプトに、住まうごとに味がでる家づくりを目指している I Livel田辺弘幸建築設計事務所の田辺です。

 

昨日は、放出の長屋リノベーションの見積が上がって来たので、施主さんとお打ち合わせしました。希望を盛り込み作成した設計図を元に工務店さんに見積をしてもらいました。

 

住宅でも店舗でも、要望を盛り込み夢を描くと予算を超過する場合が多いです。一度要望を盛り込んだ上で、本当に必要な部分について考え、取捨選択していきます。

 

その際、見積書に明細が記載されていることが重要です。○○工事一式とかではなく、構造用合板○○枚、○○円など、材料、数量、単価が明確に積算されている必要があります。設計事務所物件に関わることが多い工務店では当たり前のことですが、中には明細がない見積書しか提示しない業者さんも結構あります。

 

明細がきちんとあると、減額案を考える際、金額を想定して考えることができます。この部分をやめたらいくら減額になるか、この材料を変えたら、この項目作り方を工夫して下がらないかなど、予算に納める方法を考えます。

 

設計事務所の仕事はデザインをし図面を描くことと思われている方が多いですが、見積書の査定も重要な業務です。材料が図面通りに計上されているか、単価、数量が適正か、見積に漏れている項目はないかなど、施主さんの代わりにチェックし、予算に納める方法を検討します。施主さんの代理人として建築に携わる。建築を造る際のパートナーとしての業務が設計事務所の仕事です。

 

さて、お打ち合わせで減額案を検討したので、再見積りを依頼します。おおよそ見通しがたってきました。6月の着工に向け引き続きがんばります。

 

では、今日はこのへんで。良い1日を!

 

こちらもご覧ください 家づくりコラム

 

I Live|田辺弘幸建築設計事務所

田辺 弘幸(たなべ ひろゆき)
昭和56年12月12日生まれ
一級建築士
大阪府岸和田市生まれ

 

設計事例はこちらをご覧ください

 

大阪・岸和田の設計事務所 I Live | 田辺弘幸建築設計事務所は、『住まいに愛着を』をコンセプトに、住まうごとに味がでる家づくりを目指しています。
お問合せはメール、電話等でお気軽にご連絡お願いします。
——————————————————————————
I Live | 田辺弘幸建築設計事務所

電話番号 072-447-5330
営業時間 9:00~17:00
定休日  土・日・祝(打合せは可能です)
大阪府岸和田市磯上町6-12-11
ilive.arch@gmail.com
インスタグラムはこちら ←follow me
——————————————————————————

TOP